活動報告

奥克彦さんの話

前回大会において早稲田大学が、主催者であるオックスフォード大学ラグビー部から、
いの一番に指名され、招待を受けた背景には、2003年にイラクで亡くなられた故奥克彦先
輩の存在が大きく影響しています。

奥さんは、早大を卒業後、外務省に入省してほどなく、オックスフォード大に留学する
機会を得て、同大のラグビー部に所属しました。そして、日本人として初めてオックスフ
ォード大の先発メンバーとして試合に出場するなど、選手としておおいに活躍しただけで
なく、卒業後もラグビーを通じた英国と日本(特に早稲田大学)の架け橋となるべく、ま
さに獅子奮迅の働きをされた方なのです。

そんな奥さんの活力、バイタリティに魅せられたオックスフォード大の仲間たちは、死
後15年を経過した今も、彼の命日である11月末に時期を合わせて、「奥メモリアルカップ
」と称する試合を毎年欠かさずに実施しています。

生前に奥さんが、後輩である私たちに常々訴えようとした言葉は、

「当たり前のことをするな!自分にしかできないことを、死力を尽くしてやりぬけ!」

でした。実は奥さんは、早稲田のラグビー部を2年生の途中で退部しています。理由は、
外交官になるための勉強に専念するというものでした。しかし、奥さんはその後ずっと、
途中で退部したことを後悔していた、と言われています。今となっては、あの時奥さんが
ラグビー部をやめた本当の理由については、誰にもわかりません。ただ、途中でやめてし
まったからこそ、彼はその後の人生において、外交官としての仕事やラグビーに対して全
力で取り組み続けたのだということがよくわかるのです。きっと、一瞬の妥協が生涯の禍
根に結びつくことを誰よりも理解し、二度と同じ過ちを繰り返さないために、全力で走り
続けたのだと思います。私たち早稲田の後輩たちにとっては、奥さんこそが“Noblesse
oblige”なのです。

無料でできる支援をする(Share Project)

TOP