活動報告

インバウンド客によるレンタカー利用の課題を解決したいVol.11

増え続けるインバウンド客のリピーター率は、年々拡大しています。このリピーター層は、東京や大阪、京都のような大都市だけではなく、もっと地方へ足を運び、自由な旅行を求める傾向が見られます。地方分散の動きは、大都市中心に課題となっているオーバーツーリズムを解決する策として期待されています。

そこでレンタカー旅は、地方旅行と相性の良い移動手段として注目が高まっています。公共交通機関に比べて、圧倒的に自由度が高く、広範囲なスポットを効率よく旅行できるため、インバウンド客のレンタカー利用者は年140%と飛躍的に伸びています。

しかし、インバウンド客にとって、日本のレンタカー旅のドライブルートを自分たちで作成することは簡単ではありません。実際の観光スポットへの「行き方の情報」が不足しており、さらに土地勘もなく、プランの時間も限られている中で作成したドライブルートは非効率で、改善の余地が多く見受けられます。

そこで今回、レンタカー利用するインバウンド客が抱える課題を解消し、日本のドライブ旅行の楽しみを提案できるドライブプランナー「Drive Japan」というサービスの拡大するためクラウドファンディングに挑戦した起案についてご紹介いたします。

レンタカー海外利用者をサポートするプロジェクト

■プロジェクト概要

・起案タイトル:訪日外国人にもっと自由なレンタカー旅行を!ドライブルート提案サイトの北海道版を作りたい!

・実行者: 株式会社Drive Japan

・目標金額:1,000,000円

・目標金額:1,007,000円(100.7%)

・達成までの期間:30日間

・総支援者: 82名

・調達方式:All or Nothing

▲「Drive Japan」プロジェクトページ キャプチャ

 

訪日外国人向けのドライブルートプランナーサービスを提供する『Drive Japan』の音氏による起案で、現行の九州・沖縄版につづく「北海道版」のサービス拡大に向けた資金調達プロジェクトです。

支援者へのリターンには、「日本のドライブ指南書」「札幌マジでうまいレストランマップ」などの電子本や「Drive JapanオリジナルTシャツ」などのプレゼントに加え、北海道版の制作裏話や行きたい場所のMAPCODE調査など、ドライブ旅行情報に特化しているサービスならではの特典を用意しました。

ポイント

JAPANKURU FUNDINGは、プロジェクト全体の設計およびディレクションを担当するとともに、台湾メディアへのプレスリリースやSNSを通した情報発信、的確な発信タイミングのアドバイスなど行いました。

このプロジェクトの実現は、海外のレンタカー利用者だけではなく、受け入れ側の日本側双方にメリットがあることを伝え、「日本の旅行を心の底から楽しんで欲しい」「一生忘れられない思い出を作れるように」と地道に最後まで支援を集め続けた成功した事例です。

無料でできる支援をする(Share Project)

TOP